変わった食べ物を求め新宿へ

1ヶ月ほど前から、「たまには変わったものを食べよう」と約束をしていた、友人と仕事帰りに食事へ行きました。
その友人は少し変わったものでも何でも食べられると言っていたので、以前から行きたかった新宿の変わったものが出てくる中華屋へ一緒にいくことになりました。

行く最中は歌舞伎町のネオンやホストがいて怖いと思いましたが到着すると中国にありそうな庶民的なお店で安心しました。
お店へ入るとスタッフの方は噂どおり片言の方で、怪しい雰囲気がぷんぷん漂いとても良い感じです。

スタッフの方へメニューを持ってきて頂き、いざ頼もうとするとかなりメニューが分厚かったので、先ずはお勧めを聞いて頼みました。

豆腐炒めというものからスタートしました。豆腐とは思えない食感にびっくりです。

その後は勇気がなく中々当初食べたかったものを注文できず、他のお店ではないけれど、割と普通の炒め物等を食べていました。
終盤になり、友人と意を決し当初から食べたかったものを頼みました。

「サソリの唐揚げ」です。

出てきたものは噂どおり素揚げしたサソリが可愛らしく並んで、食欲を失せさせました。
サソリを余り見ないように食べると意外とパリパリとした食感が美味しく、最終的には友人と全て食べることが出来ました。

中々味わえないお店なのでまた、今度機会があれば再度友人と訪問してみたいです。